オススメの名刺のデザインを紹介します

名刺のデザインは用途に合わせてオススメのパターンが異なります。用途によって求める効果が異なるからです。例えば最も多く名刺を配る営業マンであれば、いかにビジネスチャンスにつなげるかがポイントになります。ただ単に配って終わりでは、相手にすぐに捨てられてしまうことにもなりかねないからです。大事なことは、それをいかに相手の注意を引き付けるのかという点にあります。あるいは美容院のように顧客に渡す場合には、リピーターにする必要があります。そのためにはどんな工夫をすれば良いのかを考えることになります。そのようなパターンを知っておくことで、自分が求める目的に応じてどんなデザインにすれば良いかを知ることになります。そのようなパターンをいくつか挙げていきます。

集客目的のための名刺でオススメのデザインは

例えばイベントを開催するような場合、いかに多くの人を集めるかがポイントになります。そのために名刺を配るのであれば、いかに注目を集めるかが重要となります。できる限り派手なデザインにして、つい目を引くようにすることが大切なことです。あるいは店舗での集客につなげるためには、何かしらの工夫をして何度もお店に足を運んでくれるようにすることが大事です。例えば名刺の裏にスタンプを押せるようにしておけば、ポイントカードの代わりとして使ってもらえるようになります。また、企業がそのアピールに活用するのであれば、いかに会社の経営理念を伝えられるようにするかが大切です。名刺自体が企業アピールになりますし、そこに理念を記載することで信用を与えることにもつながるようになります。

営業マンが活用できる名刺のデザインとは

常にビジネスチャンスを求める営業マンであれば、配る相手にいかに印象を残せるかがデザインのポイントです。商談の際には名刺交換を行う、テーブルの上に置いて話をすることになります。そこで相手はその名刺と顔とを見ながら顔と名前を覚えようとします。そこで印象に残るようなデザインとしておけば、覚えてもらいやすいようになります。そのためには、まず担当者としての名前を大きく分かりやすいようにすることです。連絡先もあまり小さくせずに、高齢者ほど見やすいように意識することが大事です。そして名刺の下部に空白を作り、そこに書き込みができるようにしておくことも大事です。何かしらメモを書いてもらえれば、それだけ印象に残るようにできるからです。お洒落感を演出するよりも実用性を重視することが大事です。