名刺のデザインで変わるビジネス運

名刺のデザインをどのようにするかによって、風水的には運勢が変わるとされます。これは名刺を等分したそれぞれの場所にどのような内容のことが載っているのかに左右されるというものです。例えば会社を経営する人であれば、信用や後ろ盾などといった要素を高めるようなデザインを心がける必要があります。あるいはこれから大きく躍進したい人であれば、出世に関わる部分のデザインを重視することになります。このように目的に合わせて注意しておくべきことが細かく定められているので、知っておくと役に立ちます。無料サービスのテンプレートを利用するのも良いのですが、それが運勢を悪くすることのないようにちゅうすることができます。これまで何気なく決めていたデザインを、これからは明確に決めることができます。

名刺のデザインは目的を定めることが大事

名刺のデザインをどのようにするかによって、ビジネス運は大きく左右されることになります。これはあくまでも風水的なことですが、その紙面の場所に応じてそれぞれ役割というものがあります。例えば名刺の真ん中には、その会社の中心を意味することになります。つまり社員の名前を中心に記すと、その会社は社員みながバラバラに行動するようになるとされます。逆に団結力を持って働くようにするためには、左に寄せることが必要です。ここは発展や財力、人間関係を意味するものだからです。逆に右に寄せてしまうと、社員が経費を使って遊ぶようになってしまうとされます。このように位置に応じて影響することが変わるので、まずは名刺でどのようなことを望むのかを明確に定めておくことが大切となります。

名刺の活用によって開くビジネス運

さらに、作成した名刺をどのように使うのかによってもビジネス運は変わります。例えば多くの人と交換することによって、新たな取引のきっかけを作りたいということであれば、できる限りシンプルで分かりやすいデザインにする必要があります。これは受け取る自分も同じですが、大量に集まった手元の名刺を見て、その中のどれが自分にとって役立つものなのかを一目で把握できる方が良いからです。あるいは交換した時点で気がついたことなどをメモできるスペースを作っておくことも大事です。できれば裏ではなく表に作ることで、名刺ファイルに綴じた後でもすぐに確認できるようになります。このような気遣いをすることによって、配った相手に喜ばれるようになります。それが新たなビジネス運を開くことにつながるわけです。